読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

27~○○好きのブログ~

自分の好きなもの、ことを探し、考え、楽しい生活を実践していくブログです。

ninelie 発売

Aimerさんの最新シングル、「ninelie」が発売されました。

「9枚目のシングルだから”nine”・・・という訳ではなく偶然です」とは作詞。作曲、プロデュースを担当した澤野弘之さんの言葉です。このタイトルは造語だとは思いますが、直訳すると「9つの嘘」になるのでしょうか。なにやら意味深ですね^^

さて絶賛繰り返し、聴いている最中です。

まず、前半と後半で印象が変わると感じています。

前半は嘆き、不安や不満をうちに秘めているような音、歌詞だと感じました。

後半はその嘆きを、怒りとして表に出し発散しているように感じられます。

聴いていて楽しくなるような音、歌詞では無いのですが、Aimerさんとchellyさんの歌声が静かな歌詞から次第に熱を帯びてくるので、混沌していながらも、静かに耳に入ってきて心地よさを感じます。それがなければただの暗い曲じゃ無いか?澤野さん何か迷ってるの?不満があるの?と思ってしまうのが私の第1印象です。

アニメの主人公達の心情なのか、澤野さん心情なのか、我々へのメッセージなのか、ストーリーがあるのか。全部を含めた物なのか。抽象的な歌詞から確たる物を探すのは難しいのですが、読み解いていくと楽しそうなので、今後読み解いて行きたいと思います。

英語ではなくあえてカタカナにしたと思われる言葉があったり、誤字?と思われる漢字があったり、漢字を音読みで歌わせていたり、なにやら意味を含ませている歌詞があるのでそれも意味を考えてみたいですね。

アニメのエンディング曲なので、アニメを最後まで観ることでとらえ方が変わる可能性があるので、甲鉄城のカバネリの最終話まで見終えたら改めて、この曲を読み解いてみたいなと思います。

 

本シングルの収録曲です。どれもいい曲、特に3曲目のスピカは今までのAimerさんの曲調と変わって終始明るく軽いイメージです。Aimerさんの新しい一歩はこの曲から始まったと言える曲になるのではないでしょうか。

1.ninelie

2.Through My Blood(澤野さん作詞作曲、アニメの劇伴用の曲、小林未郁さんが歌っているもののAimerさん版)

3.スピカ(Aimerさん側の制作曲)

4.ninelie(TV size)

5.ninelie(instrumental)

ぜひ視聴してみてください。

 

※5/26追記 

下記のインタビューで「ninelie」の意味についてちょこっと話していましたね。
かなりくだらない理由でつけたとのこと。今は秘密と言うことで、どこかのLIVEで公開されることを期待したいですね。

 

ninelie

ninelie

  • Aimer with chelly (EGOIST)
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ninelie(初回生産限定盤)(DVD付)

ninelie(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

 

ninelie(期間生産限定盤)(DVD付)

ninelie(期間生産限定盤)(DVD付)